屋根修理を火災保険で

屋根修理は火災保険が使えるよ

火災保険で屋根修理を行うための基礎知識

もしかしたら今まで知らなかった方もいるかも知れませんが、火災保険で屋根修理を行うことができることはご存知でしょうか。

「火災」

ですので、火災によって損害を受けた屋根の修理と考えるかも知れませんが、実はそれだけでははなくて、火災保険の適用範囲は風災被害も含まれるのです。

ということは、「台風がきて屋根が外れてしまった」

や、「積雪でたわんでしまった」

なども対象となるのです。

これまで知らずに屋根修理費用を自己負担していた方も多いかも知れませんね。

しかし、確かに簡単に申請ができるというわけではなく少々手間がかかり、わざわざお金を支払う側である火災保険会社が、屋根修理も保険適用なのだと宣伝をしているわけではありません。

この辺がなかなか皆さんにとって認識しづらい原因なのかも知れません。

ですが法的なものですから「火災じゃないのに申請していいものだろうか」

と負い目を感じることはありません。

きちんと申請をすることができたら、自己負担費用が減るのですから、申請しない手はないと思います。

皆さんは屋根修理をどのくらい火災保険で支払ってくれるのだろうと疑問に思っていることと思いますが、それは屋根の種類や、火災保険の種類によっても違ってきます。

メインが火災という火災保険もあり、屋根修理の申請をしたらほんの少ししか負担をしてくれなかったってことも中にはあります。

すでに加入している方でしたら、ご自分が加入している保険がどのくらい支払ってくれるのかを改めて一度確認した方が良いかも知れません。

火災だけではなく、風災もいつ何時どのような形で起こり、損害を被るかわかりません。

程度にもよりますが、屋根修理といってもすべて自己負担となったら結構な額がかかりしますし、その時に損害を受け修理するのは屋根だけでは無いかも知れませんので、更に自己負担額が増えてしまうということもあるかも知れません。

私がお勧めする火災保険はコチラになります。

火災保険の適用で屋根修理する方法を見よう

これから加入、または別会社の変更を考えているようでしたら、風災被害のことも踏まえて探してみた方が良いと思います。

Comments are closed.